ひとつでは少なすぎる。

趣味と嫁のために社畜生活頑張ってます。趣味と仕事が中心の雑記ブログ。

おすすめのサックスケースを紹介します。

こんにちは、ヒロタカです。

大体練習に行くときは電車や車で目的地まで向かいます。

 

練習時は楽器以外にも持っていくものがたくさんあります。譜面台、楽譜の束に旧右傾時のドリンクなど。サックス一本持っていくだけで住むのならどれだけ良いかともいますがそうも行かないのが難しいところです。移動で疲れてしまって実際の練習に身が入らないなんてことになったら目も当てられません。移動するときは出来るだけ手軽に移動したいものですね。

 

なので今回は僕のおすすめするサックスケースをまとめてみました。

 

 

サックスケースの種類

 

ケースは大きく分けて3種類に分けられます。


  軽い      ←       重い
  脆い      →       頑丈

 

①ソフトケース ②セミハードケース ③ハードケース

 

本体を買ったときのケースは頑丈さ重視のハードケースの場合が多いかと思います。安全性ならハードケースが一番です。

 

ただ、純正のハードケースは重たい上に持ち運びもしづらいのでソプラノより大きい場合はより移動に適したケースを別途購入することをおすすめします。

ただし、ソフトケースで運んでしまうとサックス自体にダメージが出てしまうので本末転倒。

今回は、セミハード〜ハードの間で良さそうなものを探してみました。

 

おすすめのサックスケース5選

BAMセミハードケース トレッキングスタイル(約3.0`kg)
バム トレッキングケース アルトサクソフォン用ブラック BAM TREKKING CASE for ALTO SAXOPHONE
by カエレバ

 

僕も使っていますが、トレッキング型で一押しは老舗のBAMトレッキング型です。
重さはたしかにありますが、ウレタンがガッチリ楽器をホールドしてくれているので移動中の安心感があります。

収納力もひと押しです。背中に大きなポケットが一つ、側面に小さなポケットが一つあります。僕は背中に譜面や筆箱、側面にスワブとメトロノームを収納してます。大量に収納できると他にカバンなどを持つ必要性が減るので何かと便利なのは明らかです。逆に収納がないと他に大きめのカバンを持たなければ行けないので大変です。

また、レインカバーもついているので突然の雨でも楽器が濡れる心配なし。

 

BAMセミハード ニュートレッキングスタイル(約3.0kg)
バム アルトサクソフォン用 ニュー・トレッキングケース アルミ TREK3021SA
by カエレバ

 

BAMのサックスケースからもう一種類です。トレッキングスタイルよりも大柄に見えますが、背負うと随分とコンパクトになっているのが実感できます。その割に収納力も十分で、背面ポケットには譜面やハーネスを入れることができます。

 

NEPTUNEセミハード (約2.0kg)
NEPTUNE 管楽器用軽量ケース アルトサックス用 リュックタイプ AS-830 ブラウン
by カエレバ

軽量なNEPTUNE(ネプチューン)のセミハードケースです。
BAMと比べると若干安っぽい感じがありますが、収納力は負けず劣らず。
それでいてBAMの価格はBAMの半額近くなのでお手頃なサックスケースです。


KIKUTANI AS−TWEED(約2.4kg)
キクタニ リュックタイプにもなる アルトサックス 軽量ケース ツイード生地 AS-Tweed グレイ
by カエレバ


キクタニのサックスケース。
これは何と言っても見た目がカッコいい。
リュックで背負ってもストラップで抱えていてもカッコよく見えます。
背中にある長方形のポケットには小物やストラップを入れることが出来ます。


MarcoMagiセミハードケース(約1.9kg)
ITALY MARCO MAGI アルトサックスケース VINTAGE ヴィンテージシリーズ 991/508 ブラック/オレンジ
by カエレバ

 


軽さと見た目を両立しているのが、MarcoMagiのケースです。
サックスを覆うような形になってますが、この形だとケースが体に沿うようになるため
移動も簡単です。
ただ、完全にサックス本体(管体)を包んでいるためネックやマウスピースの収納は管体の中に収納することになります。その為、複数のマッピやリガチャーを持ちたい人は別途カバン等を持たないと行けません。


終わりに

 

軽さだけで考えると、サナギ型や全体を覆うような形をしている
サックスケースが軽いのですが、それだと譜面や小物の収納力がさほど無い、
というのが難しいところです。

 

一方で正方形をしたトレッキング型(登山用リュックに似ているからですかね?)
だと収納力は抜群ですが単純な重さではサナギ型には負けます。

また、リュック型であっても譜面台までは収納できるケースがありません。

そうなると、サックスの移動スタイルとしては、

 

1,サナギ型ケース+中〜大型のカバン(小物と譜面と譜面台)
2、トレッキング型ケース+小型カバン`(もしくは、譜面台ケースのみ)

 

の2パターンが考えられます。

自分にあったスタイルを見つけて豊かな音楽ライフを過ごしていきたいですね。

では、また。