読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとつでは少なすぎる。

趣味と嫁のために社畜生活頑張ってます。趣味と仕事が中心の雑記ブログ。

アサヒ スーパードライエクストラハードは若者向けの辛口春美味ビール

トレンド

こんにちは、ヒロタカです。気がつくと「とりあえず、ビール」に抵抗感がなくなってきました。ビールって美味しいですよね。

 

 

もともとビール党ではなかったのですが、社会の辛さに飲み込まれたうちにだんだんとビールが美味しく感じるようになり、今では立派なビール党になりました(笑)。今だと新製品のビールが出るとついつい試しに購入してしまいます。最近は、ビール会社も売上向上を目指して次々に新製品や期間限定商品を発売してので購入するペースが追いついていません。また、新製品と銘打っていても、ちょって味付けを買えただけで今までのビールと大差ないものもあります。

 

そんな中、今回飲んだ「アサヒ スーパードライ エクストラハード」は久々の当たりのビールでした。一口飲んで感じたのがキレ味。”刺激的なキレ味”、”超刺激”とキャンペーンで押していますが、その言葉で受けるイメージを超えた「異次元級」のキレ味を持つ「上品な」辛口ビールでした。

 

アサヒ スーパードライ エクストラハード 350ml×24本
by カエレバ

 

プレモルの首を取りに来た!?「エクストラハード」

 

『アサヒスーパードライ エクストラハード』は、醸造工程における発酵管理技術の向上などにより、「スーパードライ」史上最高の発酵度を実現したビールです。“刺激的なキレ”とアルコール度5.5%の“力強い飲みごたえ”をお楽しみいただけます。「スーパードライ」の特長である“辛口”や“キレ”にフォーカスし、30周年にふさわしい新たな味わいを提案します。

ニュースリリース 2016年12月21日|アサヒビール

 

スーパードライというと「オヤジの飲むビール」というのが僕の持つイメージです。キレ味と辛口という2大コンセプトで作られて、当時一強だったキリンビールの牙城を打ち崩したスーパードライ戦略は今でもマーケティングなどで”非常識”と語られるほどの異常な成功でした。今回はそのスーパードライの30週年記念ということでその特徴をより強く打ち出していると感じます。そうやってきくと、どちらかと言うと今時の趣向には合わない感じを受けますね。今の若者は辛いビールはあまり好きではなく、どちらかというと濃厚で甘いビールが受けています。サントリーの「プレモル」やサッポロの「エビス」、海外ビールだとヒューガルデンなどの白ビールも人気です。

 

ただ、今回「エクストラハード」を飲んで感じたのは、「プレモル」「エビス」で感じる高級感、上品さでした。通常の「スーパードライ」のイメージからかけ離れたこのビールを飲んで、僕が思ったのは、「エクストラハード」は、「プレモル」や「エビス」を飲む人たちが購入対象なのではないかということです。「スーパードライ」の特徴をよりブラッシュアップを掛けた結果、従来の「スーパードライ」に対する若者のイメージである「辛い」「痛い」「まずい」を超越した新しい「スーパードライ」が出来上てきたのだと。このビールは普段「スーパードライ」を飲まない層、飲んでもまずいと思う人たちにこそ飲んでもらいたい。逆に今までの「スーパードライ」が好きな人たちは困惑するかもしれません。

 

ノドで感じる「異次元級」のキレ味、「上品な」辛口

 

「エクストラハード」を一口飲んで感じたのが極端なまでに細かいキレ味。通常の「スーパードライ」では痛みとして感じられるキレ味を「エクストラハード」はより鋭く進化させていました。キレを感じるのに全く痛みのないキレ味。まるで達人の居合のようなキレ味は今までの僕の「スーパードライ」に対するイメージを一新させるものでした。例えると、針に空気を入れた風船を乗せると割れてしまいますが、高密度の針山の上に乗せると、力が分散されすぎて割れない。みたいな感じでしょうか。高密度のキレで感じる、喉越しは今まで飲んだビールで感じたどの喉越しよりも柔らかです。

 

春が似合う「上品な」ビール

 

「エクストラハード」は、一言で言って「上品な」ビールでした。名前やキャンペーンのイメージからは「スーパードライ」がより強力になったという感触を受けていたので、より辛くて痛いと予想していました。僕も半ば怖いもの見たさで購入しましたが、予想外の上品さに一口目で大好きになりました。これが期間限定なのはもったいないですね。

 

このビールには春が似合うでしょう。どちらかというと、ビールは夏のイメージが強いですが、それはビールのキレと辛味が夏の暑さに合うからなのでしょう。従来の「スーパードライ」なら夏が一番似合います。ただ、「エクストラハード」の、名前に似合わない上品な味ならば、春が似合います。花見などで是非飲みたいビールですね。

 

 

松徳硝子 うすはり タンブラーL&柿ピー 小鉢セット
by カエレバ