読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとつでは少なすぎる。

趣味と嫁のために社畜生活頑張ってます。趣味と仕事が中心の雑記ブログ。

現役会社員がおすすめするビジネスバッグ【ブリーフケース編】

みなさんこんにちは、ヒロタカです。ビジネスバッグはどんなものが良いのか、みなさんは知っていますか。

 

 

ビジネスバッグ、と一口に言っても様々な種類があります。また、流行り廃りもあるのでなかなかどれを選ぶのが正解と言ってしまうのも難しい。

 

ですが、就職活動や新入社員で入社する際に持っていてもおかしくない。いわゆるハズレのないバッグだったら、大体購入のポイントというのは決まっています。一度このポイントを理解すれば次からはそこを踏まえて自分のセンスにあったバッグを買うと良いでしょう。

 

今回は、ベーシックなビジネスバッグとしてブリーフケース型を中心に紹介しておこうと思います。最近だと取っ手が大きいトート型、背中に斜めがけにするボディーバッグを持っている人も見かけますが、そちらを考える前にまずは基本のブリーフケース型を購入しましょう。トートタイプは、ふたつ目として購入を検討すると良いでしょう。

 

チェックポイント

僕がビジネスバッグを購入する際によく見るポイントととしては、

素材:レザー、フェイクレザー、ナイロン
サイズ;A4、B5他
2way以上:複数の持ち方が出来る
その他:便利機能

などがあります。

 

・素材はレザーか、ナイロンか

トラディショナルなバッグとして素材にレザーを押す人もいるが、現代の日本でレザーのビジネスバッグを使用するのは実用的とはいえない。レザーは天然素材なので扱いが難しい。

水分が付着すると浸透して中身の書類が濡れたりレザー自体もダメージを受けてしまう。また、ナイロン、ポリエステルなどと比較して経年劣化で取っ手が裂けてしまう。などの使用上の難点がある。

 

また、万が一海外に出張になったときなど、空港で強盗に遭遇することもある。僕自身も海外の空港で持っていたバッグに横からナイフを通され、デジカメなどを盗まれた経験がある。盗まれた当時は全く気づかなかった。

 

レザー製品はナイフなどで切りつけられると容易に裂けてしまう。一方で、最近のナイロンは耐刃製があるものが多いので、重要書類などを持ち歩くこともある人は特にレザーは避けたほうが良いだろう。ファッションを目的としてレザーバッグを使用するのは構わないが、現代ビジネスの場でレザーバッグを使用するのは避けた方が良い。

 

・サイズはA4なのか?

ビジネスバッグは容量不足はもちろん困るが、大きければ良いというわけではない。必要以上に大きいバッグを持っていると取り回しが悪いことに加えて移動中の邪魔になる。自分の必要なもの、バッグに収納するべきものを考えて自分の容品に合うサイズのバッグを購入すると良いだろう。

 

また、出来ることならばA4サイズのバッグを購入することをおすすめする。バッグなどの手に持つものが小さければ小さいほど、自分の身体は相対的に大きく見える。スタイルをよく見せるという意味では、不必要な容量のバッグよりも、必要なものがきちんと入る小さめのサイズを選ぶことをおすすめする。

 

・持ち方が2way以上あるか

バッグを肩に掛けるのは往々にしてダサいと僕自身も思うが、取っ手しかないバッグの場合、いざという時に片手が塞がってしまっているのは大きなリスクだ。

 

普段はオフィス勤務でも、企業イベントのブース設置などで力仕事をすることもある。また、大量の荷物を持って得意先まで向かうことがある時に片手が使えませんでは通らない。常に肩にかけるわけではなく、そういうタイミングに備えて手に持つ以外の選択肢のあるバッグを購入すべきだと僕は思う。

 

個人的にはリュックタイプのほうが体のバランスが取れるのでおすすめしたいが、一方でリュックタイプは太いベルトを収納するぶん容積が狭い、もしくはバッグのサイズが大きくなるなどのデメリットもある。

 

肩掛けはバランスが悪いが、そもそもベルトを収納しない or 収納するにしてもさほどかさばらないのでリュックタイプと比較してコンパクトになる傾向がある。どちらも一長一短なので自分の好みで良いと思う。

 

・その他便利な機能がついているか

 
 収納が多い事はそれだけで小物の整理が出来る。バッグに入れて持ち運ぶものは人それぞれだろうが、僕の持ち物としては文房具として、メモ帳と筆箱は必須だし、身だしなみ用品としてリップクリームとヘアワックス、そして爪切りは用意してある。場合によっては小型のPCやキーボード付きタブレットを持って外出することもあるのでPC収納用の仕切りがあると便利だ。

 

 キャリーオン機能がついていると出張時にはとても便利だ。キャリーケースにバッグを備え付けられるので片手があく。キャリーオン機能の無いバッグの場合はバッグがうまくキャリーバッグに固定されずにキャリーケースの上で回ってしまうで余計に邪魔になってしまう。


 

1)ポーター・ヒート・3WAYブリーフ

 日本を代表する鞄メーカー吉田カバンのビジネスバッグです。”一針入魂”をもっとうに日本国内で手作りで作られる一品は、タフに使えること間違いなしです。ちょっと高いように思えるかもしれませんが、国内製造、手縫いでこれだけの価格に抑えていると思うとコストパフォーマンスは抜群です。

 

「ポーター・ヒート・3WAY」は手持ち、肩掛け、リュックの3タイプで使用することが出来ます。多数の収納ポケットも備えていて、収納力も抜群。ポーターは学生向けのイメージもあるかもしれませんが、このヒート(HEAT)シリーズはビジネス用途にも十分に使うことが出来ます。

 

2)エースジーン・3WAY・A4・2気室