読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとつでは少なすぎる。

趣味と嫁のために社畜生活頑張ってます。趣味と仕事が中心の雑記ブログ。

生活がちょっと便利になった。カバンに付けれる傘ケース「hacobel」

こんにちは、ヒロタカです。雨の日の通勤は憂鬱になりませんか。

 

 


湿度が上がっているのも嫌なのですが、それと同時に、傘についた水滴が僕は気になってしまいます。他人の濡れ高さが当たって水滴がつくのも嫌ですが、同時に自分の傘が人に当たって、コートやスーツを濡らしてしまうのが本当に申し訳ないと思ってしまいます。

 

それを気にして、僕は折りたたみ傘しか使いません。折りたたみ傘は小型で使い辛いという偏見がありましたが、最近は大型化・ワンタッチ化がされてきていて本当に便利な折りたたみ傘が多くなってきています。逆に長物の傘の取り回しの悪さが気になりますね。

 

ただ、折りたたみ傘でも、通勤時の電車の混み具合でやっぱり人に付かないか気になってしまいます。その対策として傘ケースを買うことにして、選びに選んで買ったのがこちらのhacobelです。

 

 

せっかく傘ケースを買うのならカバンにジョイント出来るものが良いなあと思ってさがしました。雨の日だと片手にカバン、もう片方に傘となってしまい両手が使えなくなるのが不便なので。そしたら意外と探してもないものですね。色々調べても出てきたのはこれぐらいかな。

あとは、これはカバンの機能で傘ケースがあるというもの



傘を使わない日はペットボトルケースとしても使えるので便利ですね。

 

さて、結局hacobelに決めました。購入して想像通りの結果を出してくれて大満足です。

 

傘を持たなくていい

hacobelはボタン式の留め具が2本付いています。これを使ってカバンの取っ手や肩掛けに本体をくっつけています。ちょっと柔らかめなので取り出す時はさっと取り出せるのですが、収納するのには若干コツが入ります。半分ぐらい閉めた状態で斜めから差し込むとすっと傘が入ります。

 

これで雨の日でも電車の中や建物の中では傘を持たなくて良くなりました。雨の日に両手が塞がっていると、本も読めずスマホも操作できないのでなかなか不便です。また、やっぱり両手が塞がっているのは電車通勤だと危ないので、片手ないしショルダーバッグなら両手が空いているのはとても便利です。

 

傘に付いた雨粒を気にしなくていい

折りたたみ傘なら大体のサイズは収納できます。濡れた部分がなくなるので安心して電車に乗り込むことが出来ます。また、マイクロファイバーで雨を吸ってくれるので取り出すと傘が濡れていないのもありがたいです。

 

濡れ高さをしまう時に手を濡らしたくなかったら、ケース本体を全開にしてその上に濡れた傘を置いて、回転させて傘の雨粒をhacobelに吸わせながら傘を包んでいくと、濡れずに収納することが出来ます。

 

おすすめの組み合わせ

hacobelはとても便利です。僕はワンタッチ式の折りたたみ傘と組み合わせて使っていまう。ワンタッチ式折りたたみ傘+hacobelの組み合わせだと、

1.傘を取り出す→2.雨の中で使う→3.収納する

の一連の中で全く濡れずに傘を使うことが出来るからです。


また、折りたたみ傘の場合紛失や盗難の危険があまりないのが良いですね。コンビニなどの傘立てに傘を入れておいて何度盗難にあったかわかりません。そういう意味でいうと、長傘にお金を掛けるのはちょっと無駄かな、なんて思いもあります。これからはワンタッチ式の傘と傘ケースの組み合わせがベストだと僕は思います。