読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとつでは少なすぎる。

趣味と嫁のために社畜生活頑張ってます。趣味と仕事が中心の雑記ブログ。

パソコン作業を効率化する、簡単なキーボードショートカットの使い方

こんにちは、ヒロタカです。パソコン仕事を速くするテクニックは色々あります。その中でも、基礎して圧倒的に効果の出る方法として、マウスを使わない、ことを試してみませんか。

 

 

マウスを使わずに、キーボードで作業するだけで、今の倍のスピードで作業が行えることが出来るでしょう。

 

仕事が速くなりたいのなら、Excelの関数辞典を買う前に、キーボードのショートカットを10個、覚えてみませんか。

マウスを使わないと、作業が速くなる理由

マウスは、パソコンを使うときにとても便利なツールですが、同時にとても不便なツールです。

 

パソコン作業の、すべての動作が、片手で行えるなどの手軽さが、マウスにはあります。ただ、手軽だからと言って決して効率的に行えているわけではないのです。

 

キーボードで、手数が減る

仮にキーボードを使えば一手で終わる処理なのに、わざわざマウスで三手掛けて処理している事が往々にしてあり、便利なようで実は不便なツールなのです。

 

たとえば、Excelであるセルを選択しコピー、別のシートに移動して、”値”で貼り付け、をしようとします。この工程の場合、マウスだと何手掛かるでしょうか。

 

人によって、色々と手順は違うと思いますが、キーボードなら三手で出来ます。

 

1.セルの内容のコピー:Ctrl+C
2.シートの移動:Ctrl+Page Up もしくは、Ctrl+Page Down
3.”値”で貼り付け:Alt+E+S+V

 

時間にして一秒二秒かもしれません。ただ、コレが百回二百回と続いた場合はどうでしょうか。それが毎日だとすると、かなりの作業時間差が出てくるでしょう。

 

キーボードなら”見ない”で作業が出来る。

慣れていないと、なかなか難しいと思ってしまうかもしれませんが、大丈夫。すぐに慣れて、ブラインドタッチ(タッチタイピング)で行えるようになります。

 

単純な話、よく使うものは、覚えてしまったほうが速くなります。作業に慣れて、目で見ずに作業が出来るようになります。目ではなく、身体が作業を覚えてくれるのです。

 

特に、ExcelやWordは、マウスを使わずに殆どの作業をすることが可能です。2つのExcelを同時に開いて見比べたり、データを移したりすることもキーボードを使えば簡単に出来ます。

 

これがマウスのクリックの場合、いつまでも身体が作業を覚えてくれません。右クリックから選択肢を選ぶ際には、どうしても”目”で見る必要が出てしまうからです。

 

全般(ウィンドウ画面)でよく使うキーとショートカット


Alt+Tab:アクティブなウィンドウを一覧表示+Tabキーを押して移動。
使用例:複数のExcelを開いて数字を比較したりデータをC&Pしているときには、これを使ってウィンドウを行ったり来たりすることが出来ます。

 

Ctrl+Tab:タブ間を移動できる。
使用例:Chromeなどの、タブブラウザを使用する際に便利。

 

Ctrl+Tab+Shift:↑の逆移動が出来る。

 

Ctrl+W:アクティブなタブやファイルを閉じることが出来る。

 

Tab:ウィンドウ内の入力項目、選択項目を移動することが出来る。

 

Shift+Tab:↑の逆移動をする。Tabで行き過ぎた時に戻る事が出来る。

F2:選択されているファイル名の修正が出来る。
使用例:Tabと組み合わせると、F2→名前の修正→Tabでファイルを途切れることなく修正出来ます。

 

Esc:作業途中のものをキャンセル。元ある状態に戻す。

Excel、Word等でよく使うショートカット(基礎編)

Crtl+C:文字や数式をコピーする。

Ctrl+X:文字や数式を切り取りする。

Ctrl+V:コピーや切り取りした文字や数式を貼り付ける。

Ctrl+S:ファイルを保存する。新規ファイルなら名前をつけて保存、既存ファイルなら上書き保存。

Ctrl+Z:1つ前の状態に戻す(作業のやり直し)

Ctrl+A:すべてを選択。

Ctrl+1:セルの書式設定を開く。

 

Excel、Word等でよく使うショートカット(応用編)

ちょっと工程数が多いですが、実は左手一本で押せるのです。慣れると便利ですよ。

 

コピー&ペーストの応用(選択貼り付け)

Alt+E+S+V:コピーした情報を”値”で貼り付けする。

Alt+E+S+F:コピーした情報の”数式”で貼り付けする。

 

コピー&ペーストの応用(四則計算)

Alt+E+S+V+D:コピーした情報を加算(足し算)する

Alt+E+S+V+S:コピーした情報を減算(引き算)する

Alt+E+S+V+M:コピーした情報を乗算(掛け算)する

Alt+E+S+V+I:コピーした情報を除算(割り算)する

 

さいごに

 

もちろん、すべてマウスを使わずに作業する、と徹底するのは逆に大変な事もあります。ただ、ウィンドウズやマイクロソフトオフィスは、キーボードを主体とした作業が行えるようになっています。

 

本を買って、複雑なExceの関数やマクロを覚えるのも、メリットが無いとはいいません。

 

ただ、めったに使わない関数の勉強よりも、ふだんから使えるこういった細かいテクニックが、積もり積もれば大きな差になることでしょう。

 

仕事が速い人ほどマウスを使わない! 超速パソコン仕事術

岡田充弘 かんき出版 2016-05-18
売り上げランキング : 7688
by ヨメレバ