読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとつでは少なすぎる。

趣味と嫁のために社畜生活頑張ってます。趣味と仕事が中心の雑記ブログ。

ビジネスシューズに悩むなら、コスパ最強スコッチグレインがおすすめ

こんにちは、ヒロタカです。働き始めると、スーツとビジネスシューズについてはつねに悩みのタネになると思います。

 

 

いわゆるビジネスシューズというのを、就活の時に近所のマルイで買いました。その時に買ったのは、これさえあれば会社も結婚式も葬式も行けると言われている黒の内羽根式のストレートチップです。革靴は外羽根式と内羽根式があり、内羽根式がよりフォーマルな形として使われています。

 

allabout.co.jp

 

就活の時に買って今でも履き続けているので、すでに十年以上使っていることになりますね。流石に何度もオールソールの張替えを行っているので今ではローテーションからは外しているのですが、大事な打ち合わせや結婚式などのハレの舞台には必ず履いていくほど愛着があります。長く使い込んでいくと中敷きも足の指の形に合うように形を変えてきます。身につけるものは、愛着が湧くようなものだけを選びたいですね。

 

デニムやチノパンで働いている方々もだんだん増えて着ていますが、それでも未だにスーツに革靴のスタイルで働く方が大多数だと思います。ビジネスの世界ではスーツも革靴も戦闘服に喩えられます。特に革靴は一番に気をつけなければいけません。”足元を見る”と言われるくらいに靴は自然と人に見られる箇所です。

 

とは言っても、なかなかどんな靴が良いのかわからないというのが普通だと思います。僕も就活を期に革靴に興味を持ち始めてから百貨店に行き革靴を試着して購入したり、本を読んだりして色々と勉強しました。円高の時にイギリスの靴を輸入した事もあります。結局サイズが合わなくて失敗でした。結構ショックでした。

 

さて、今回はそんな僕がおすすめするスコッチグレインについて説明しようと思います。安心の日本製ビジネスシューズ。東京都墨田区にあるヒロカワ製靴という企業が作っている革靴ブランドです。

 

三万円以下から手に入るコストパフォーマンスの良さ

 

「世界の良質な革」と「日本の技術」が織り成す最高の一足を

 

日本人の足に合う木型を使い、グッドイヤーウェルト製法を採用して履き心地にこだわる。東京・墨田で一貫生産。

SCOTCH GRAIN スコッチグレイン

 


僕は日本製の革靴も試してきましたが、本革のグッドイヤーウェルト製法の革靴ならスコッチグレインが一番です。スコッチグレインのコスパの良さは他の革靴では比較にならない。「コスパコスパってうるさいよ」という人もいると思いますが、革靴はファッションと同時にビジネスで使う防具でもあります。軍隊の防具に求められるのは「固くて・単純・安価」の3つです。柔らかくては防具になりません。複雑な防具なら使う人を選んでしまいます。高すぎると気になって使えない。コストパフォーマンスが良いスコッチグレインは、まさにビジネスマンが使いやすい最適なビジネスシューズです。スコッチグレインは本革、グッドイヤーウェルト製法でありながらも一足三万円を切る優れたコストパフォーマンスを誇っています。

 

また、グッドイヤーウェルト製法なら、革底(オールソール)の交換ができます。革靴は一二年もすると革底がすり減ってしまいます。せっかく足に馴染んできた靴を捨てて新しい靴にするというのは愛着的にもお財布的にも心苦しい。グッドイヤーウェルト製法なら、革底がすり減ってしまっても捨てずに修理に出すことが出来ます。その際に自分好みのオールソールに交換するのも靴を修理する楽しみの一つです。

 

アウトレットテンポなら更に安い

また、日本に4店舗あるスコッチグレインのアウトレット店舗では型落ち品やよく見てもわからない若干の傷が付いたB級品をさらにお買い得価格で販売しています。
店舗は、佐野プレミアムアウトレット(栃木県)、御殿場プレミアムアウトレット(静岡県)、りんくうプレミアムアウトレット(大阪府)、土岐プレミアムアウトレット(岐阜県)にあります。

 

お正月には服袋の販売

不定期ですが、年始の際には福袋の販売も行っています。確か、革靴2足で20000円(税抜)。一足は決まったデザインの靴が入っていてもう一足はランダム。どちらもベーシックなビジネスシューズで、仕事で普通に使えるものが入っています。また、服袋購入前にはその場で試し履きができるのも安心。

 

日本人の足型には日本製の革靴が一番


コストパフォーマンスの高さも素晴らしいですが、日本製というのもおすすめする理由です。足のモデルである木型(ラスト)を日本人からとっているのです。海外の靴も素晴らしいものはたくさんありますが、欧米人をモデルにした木型のため、傾向として日本人の足に合いづらくなっています。もちろん、あなたに合った靴ならば国内海外関係なく購入するべきですが、無理に海外の有名ブランドを買うのならば、一度スコッチグレインを試してみることを僕はおすすめします。

 

匠ジャパンによるアフターケア

靴はアッパー(甲)とソール(底)で出来ています。ソールは地面と擦れるのでためアッパーより速く疲労します。セメント接着の場合はそこまで行ったら捨てるか履きつぶすしかありませんが、グッドイヤーウェルト製法のビジネスシューズはアッパーとソールを縫い合わせて作られています。その為、縫い合わせを解いてソールの交換をすることで、同じ靴を何度も修理することが出来ます。スコッチグレインのビジネスシューズは全てグッドイヤーウェルト製法で作られているので、長く愛用する事が可能です。

 

ヒロカワ制靴には、スコッチグレイン専用の修理工房である「匠ジャパン」を設けています。スコッチグレインの店舗への持ち込みか郵送で匠ジャパンまで送るとソールの貼替え等の修理を行ってくれます。

 

ちなみに、オールソールの貼替えは、一般的な修理店(ミスターミニットなど)では
一足15000円(税抜)に対して、匠ジャパンでは一足10000円(税抜)で行なってくれます。スコッチグレインは商品のコストパフォーマンスも、メンテナンス費用もお得なビジネスシューズなのです。

 

さいごに

ここまでスコッチグレインのコスパの良さを説明してきた。まとめると、

 

・本革、グッドイヤーウェルト製法で30000円以下のコスパの良さ
・アウトレットなら型落ち品、B級品が更にお得に。
・2足で20000円の福袋がある。
・日本人に合う木型で作られている。
・全靴グッドイヤーウェルト製本なので修理して何年も使える
・匠ジャパンだと修理費用も他店と比べて安い

 

と超コスパの良いお得なビジネスシューズです。どんな靴を選べば良いのか悩んでいるのなら、是非スコッチグレインを見に行きましょう。

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

次は是非これを読んで下さい。

www.too-little.com

 

 

[スコッチグレイン] SCOTCH GRAIN ストレートチップ パーフォレーション テクノソール OP0678 (24.5cm)
by カエレバ