読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとつでは少なすぎる。

趣味と嫁のために社畜生活頑張ってます。趣味と仕事が中心の雑記ブログ。

天丼てんやの”上天丼”を食べて悩み、ビールセットで笑う日々


皆さんこんにちは、ヒロタカです。みなさんは”てんや”はご存知ですか?

 

www.tenya.co.jp

ファミレスの「ガスト」や「ロイヤルホスト」で有名なロイヤルHDの100%子会社である株式会社テンコーポレーションが運営する天丼チェーン店です。元々は丸紅のグループ企業だったようですが、現在では株式をロイヤルHDが取得し完全子会社化しているようです。

 

天丼一杯500円という価格破壊。それまでの、天丼=高級のイメージを一気に覆した存在です。草葉の陰で天丼マンが泣いていますね。

 

昔クローズアップ現代かなにかで、てんやの調理風景が紹介されていて、天ぷら専用マシーンがあったのを覚えています。揚げ油のプールの上を天ぷらがゆらゆら進んでいたのを見た覚えがあります。反対側までたどり着くと、ちょうどさっくりネタが揚がっているという仕組みらしく、こういう手作業でやると難しいところを自動化ですのが、低価格の天丼を生み出す仕組みなんだなあと感心した記憶があります。

 

それで、僕は天丼が好きなので月に一二回、お昼に職場の近くのてんやに行きます。オフィス街なので混んでますが、スタッフのおばちゃんがテキパキと配膳と片付けをしてくれるので、さほど待たないで席に座ることが出来ます。

 

食べるのは大体決まっていて、天丼+ナス天。てんやの不満としては天丼にナス天が入っていない所、インゲンの代わりにナスが入っていれば個人的に完璧です。昔赤羽にあった「天丼屋」は天丼にナス天が入っていたので良く行った記憶があります。たしかOK横丁の入口にあったのですが、気づいたら潰れていて今は「かつ屋」になっていたと思います。

 

昨日のお昼も「てんや」に行ったのですが、ちょっといつもよりお腹が空いていたため、上天丼を注文してみました。ちなみに、てんやの天丼の構成は「エビ天、イカ天、白身魚天、かぼちゃ天、インゲン天」の五種。天丼のひとつ上なのだからこの五種+何かだろうと勝手に想像していたのです。スマホでツイッターを眺めながら数分、出てきたのは「エビ天、エビ天、かぼちゃ天、インゲン天、レンコン天」の五種。

 

・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・あれ?

 

上天丼とは(+感想)

お値段は、並盛り680円(税込)。713kcal。
(共にてんやHPより)

 

相変わらず天ぷらがさっくり揚がっています。揚げたてで口の中がやけどしそうですが、それが良い。池波正太郎先生の小説は40過ぎてから読もうと思っているので読んでいませんが、天ぷらの食べ方だけは知っています。出てきた端からガツガツと。

 

上天丼になると出て来るレンコン天。食べてみるとサクッとした食感ながらも噛みしめるとねっとりとした柔らかさが出てきます。レンコンのこの不思議な食感は癖になりますよね。レンコン天は飯よりもビールなんかに合うと個人的には思っています。

 

備え付けの大根の桜着けも少々頂いて完食しました。量も程よく、これなら午後の仕事も頑張れそうだと実感します。てんやのクオリティの素晴らしさに感心半分、上天丼とは何なのかということに残り半分頭を悩ませていました。

 

上天丼と天丼を比較してみた

f:id:hirotaka_s:20170401014628p:plain

このように、天丼の方が魚介系3種、野菜系2種、上天丼は魚介系(えび)2種、野菜系3種となっています。

 

f:id:hirotaka_s:20170401014722p:plain

ちなみにこちらを単品の値段で比較するとこんな感じになります。

 

単品の値段の比較をすると、上天丼の方が90円高いことになります。

ちなみに、天丼は500円、上天丼は680円(共に並盛り)となっています。その差は180円。うーむ(汗)。

 

エビにこめられている思い

ちなみに、てんやのエビはブラックタイガーを使用しているとメニュー表に書いてありました。他のネタに関しては特に記載はないのですが、エビに関してはメニュー表の一面の半分を使う力の入れようです。マングローブで極力自然に近い環境で養殖したと書いてあります。多分、エビに関しては特に力をいれている※のだろうと推測できます。そうなると、上天丼のネタの構成にも納得が行きます。あなたもてんやに行ったらエビ天を頼みましょう。

 

※力を入れている=原価率が高い

 

ビールセットはすごくお得

そんなてんやですが、昼の食事だけでなく、夜のちょい飲み、にも力を入れています。最近は吉野家やケンタッキー、スタバまでちょい飲みに力を入れてきているのですが、てんやのちょい飲みはコスパ抜群です。

 

ビール大ジョッキ+天ぷら四種(エビ天、イカ天、インゲン天、レンコン天)で580円(税込み)は安すぎて笑いがこみ上げます。ビールは日本酒に替えることも出来るようですが、僕は揚げたての天ぷらをビールで流しこむのが好きです。

 

てんやは結構夜遅くまでやっているので週末の残業後にさっと一杯やる時に重宝しますね。疲れていると揚げ物とビールが欲しくなる。店舗によっては天ぷら以外のセットもあります。


てんやがお得になるたったふたつの冴えたやり方

そのいち.てんやのホームページには50円引きのクーポン券が存在します。携帯の画面を提示するだけで割引してくれるのでとてもお得ですね。僕は通常70円のナス天を20円で頂いています。

 

そのに.18日(てんやの日)は、通常500円の天丼が390円になります。超オトク。

 

なんだかんだ書きましたがてんやは安価で天ぷらを楽しめさせてくれるありがたい店舗です。これからも頑張って欲しいですね。

 

次はオールスター天丼にしよう。